病院求人 薬剤師の職場

薬剤師の職場

医師情報

 

看護師情報

 

薬剤師情報

 

調剤薬局薬剤師

調剤薬局での薬剤師の役割は、病院やクリニック等の門前薬局として調剤のみに特化した仕事で、基本的な業務内容としては調剤や投薬、服薬指導、疑義照会、薬歴記入などがあり、管理職を任されるとこれに薬局の運営や管理業務が加わり、高いスキルを学ぶ事ができます。

 

薬剤師の臨床現場の中においては最もポピュラーな働き先で、幅広い応需科目が経験出来るため、薬剤師にとっては外来患者対応に関するキャリアアップに繋がります。

 

転職や就職の動きは薬剤師の働き先の中でも最も活発であり、常勤・非常勤どちらでも柔軟な対応が出来る職場です。

 

病院薬剤師

病院内にある薬局においての薬剤師の役割は、外来処方箋の対応や病棟にいる入院患者への服薬指導をして回ったり、主治医や看護師に患者情報をフィードバックしていくという重要な仕事があり、病院にもよりますが、当直やオンコール待機なども勤務に含まれる所があります。

 

基本業務としては調剤薬局と同じ、調剤・投薬・服薬指導・疑義照会などがありますが、注射剤や点滴製剤の取り扱いや、抗がん剤などチームを組んで対応する等、臨床の最前線で必要なスキルと知識、キャリアを磨く事ができます。

 

ドラックストア薬剤師

ドラッグストアでの薬剤師の役割は、主にOTCの取り扱いやお客様個人個人の健康相談のアドバイス、病状を聞き出し、それに合ったお薬の提供、店舗内商品の販売や管理などの業務を主に行います。

 

臨床の現場からは遠ざかりますが、その代わり流通分野のスキルを高め、自身の裁量のみで色々な薬剤を勧めることが出来る事が魅力な部分です。
ドラッグストアの場合、常勤・非常勤などの自由が利きやすいのも特徴の一つです。

 

医薬品卸の管理薬剤師

医薬品卸の営業所では製薬会社や取引医療機関の橋渡し業務が基本的な仕事内容となります。
DI窓口となって各種情報の伝達を行ったり、薬事法に基づいた各医薬品の在庫管理・データ処理などの事務的な管理を行います。

 

社員向けの新薬資料の作成を中心に勉強会やセミナーを行うなど、薬事のスペシャリストとしてその知識を社員にシェアするなど、指導と教育の立場となることもあります。

 

医療業界の最新情報を入手する事が出来るなどのメリットから、学術知識を高めたいという方にオススメの職場です。