病院求人情報 研究者・その他の薬剤師

研究者・その他の薬剤師

医師情報

 

看護師情報

 

薬剤師情報

 

MR(医薬情報担当者)

 

製薬会社での勤務で、医師や薬剤師をはじめとした医療機関の方々に迅速かつ正確な自社製品の情報を伝達します。

 

開発された医薬品の安全性や副作用情報の他、薬のデータ等を元にプロモーションを行い、担当医療機関への販売促進の責任を担います。

 

 

CRC(治験コーディネーター)

SMOと呼ばれる治験施設支援機関に所属し、治験が行われている医療機関でのコーディネート業務を担当します。
被験者となる治験に参加する人達に試験内容の説明補助やフォローを行うと共に、試験データや記録の整理、医師や製薬会社との調整役を担います。

 

 

CRA(治験モニター)

治験が正しく行われるよう、その過程を監視するという役割があり、治験依頼者と治験担当の医師が情報交換を行う際の橋渡しとしての役割もあるのがCRAの業務です。

 

プロトコルの作成や施設調査、IRBとの折衝・調整・治験責任医師へ訪問したり関係を築くこと、プロトコル尊守・GCP準拠の監視、SCPに従った業務遂行の確認、プロジェクトリーダーを務める場合はメンバーとの密な情報交換と配慮を行い、治験薬の手配・保管・管理・記録のチェックや実施、CRF(症例報告書)の収集や現資料との付け合せ、有害事象(AE)、重篤な有害事象(SAE)の早期発見と対応、これら全てを円滑に行えるような人間関係の構築など、CRAは重要な役割を果たします。

 

 

公務員や各教育機関の研究員

行政機関にて働く場合は環境衛生や公害防止などの指導、医薬品や食品等の検査取り締まりなど、自分のもつ薬学専門の知識と経験を活かした仕事が待っています。
また、学校の薬剤師として働く場合は学生の健康管理を担います。

 

大学院へ進学した後には大学や附属病院等で教育をしたり、研究機関にて教員や職員、研究者として従事するなど、学術的・最先端の知識をアップさせるのにオススメの職場です。