病院求人情報 採用後の退職と入社対応

採用後の退職と入社対応

医師情報

 

看護師情報

 

薬剤師情報

 

採用が決まったら即座に行動を開始しましょう。

 

  • 内定連絡と待遇条件は通知された書面できっちりと確認
  • 届けられた採用通知の確認の意味も込めて担当者にお礼の電話を入れる
  • 家族へ転職の連絡
  • 現在勤務中である病院と退職交渉
  • 出社日の報告

 

内定連絡と待遇条件は通知された書面できっちりと確認

自分が求める条件での仕事内容・待遇であったかを通知された書面できっちりと確認し、この転職で良いか、自分が求めた条件と違う所がないか、自分で最終確認をしましょう。

 

届けられた採用通知の確認の意味も込めて担当者にお礼の電話を入れる

実際に採用通知が届いても、それが誤報である可能性も無くはありませんので、書面内容を確認したらすぐに担当者に電話で連絡をし、確かめと共にお礼をしましょう。

 

家族へ転職の連絡

家族が自分の転職に納得してくれるかしてくれないかはそれぞれのご家庭次第であるため、家族の意見を重視している場合はここで必ず転職の連絡をし、トラブルにならないかを確認しましょう。

 

現在勤務中である病院と退職交渉

ここまでしたら現職へ退職を申し出ましょう。
ただし、様々な人間関係からいきなり退職を希望して「ハイサヨナラ」とはまず間違いなく行かず、何らかのトラブルも簡単に起こりえます。

 

退職をするなら、誰に咎められる事もない円満退職を目指しましょう。

 

新しい転職先への出社日は大体二ヶ月以内が普通となっているため、必ず二ヶ月以内で止められるように現職の病院と退職交渉します。
自分にお金をかけて研修させて現在の病院で働ける一人前にしてくれた上司・同僚・患者さん・病院に対する誠意と責任を持って対応してから退職しましょう。

 

出社日の報告

現職の病院との退職交渉が出来て、退職日と出社日の確認が取れたら、すぐに次の就職先へ出社日を連絡しましょう。
もし二ヶ月以内ではなく数ヶ月かかる場合は定期的に就職先に連絡するようにしましょう。

 

※出社日まで数カ月かかる場合、先方から採用取り消しという可能性も出てきますので注意が必要です。