病院求人情報 再就職手当の受給は?

再就職手当の受給は?

医師情報

 

看護師情報

 

薬剤師情報

 

平成15年5月の雇用保険制度の改正により、ハローワークによる紹介だけでなく、厚生労働大臣が認可した職業紹介事業者による紹介の場合であっても、就職促進手当である就業手当・再就職手当・常用就職手当の支給対象となりました。

 

そのため、ナースではたらこメディウェルなどの職業紹介事業者から受けた求人病院に関してはご安心下さい。

 

再就職手当の受給条件

  1. 就職日の前日までの失業の認定を受けたうえで、基本手当の支給残日数が、所定給付日数の3分の1以上かつ45日以上であること。
  2. 1年を越えて継続的に雇用されることが確実であること。
  3. 採用の内定が「受給資格決定日」以後であること。
  4. 「待期」が経過した後、職業に就いたこと。
  5. 自己都合退職により給付制限期間を受けた場合は、待期満了後1ヶ月間はハローワーク又は厚生労働大臣が許可した職業紹介事業者の紹介により就職したものであること。
  6. 離職前の事業主又は関連事業等、一切関係ないところへの就職であること。
  7. 過去3年間以内の就職で再就職手当、常用就職支度手当、早期再就職支援金の支給を受けていないこと。
  8. 雇用保険の被保険者資格を取得していること(被保険者となれる条件のもとで働いていること)。
  9. 再就職手当申請後、すぐに辞めてないこと。

 

再就職手当の支給額

  • 支給残日数×基本手当日額×30%(1円未満や端数切捨て)
  • 基本手当日額の上限…5915円(60歳から64歳までの方は4770円)

 

もし受給したい場合は、申請者であるあなたの住居所を管轄する公共職業安定所にお申し込み下さい。