病院求人情報 医師内科

医師の内科でのお仕事

医師情報

 

看護師情報

 

薬剤師情報

 

一般内科

一般内科では、風邪などの小程度の医療技術で済むものは診療所などで見られますが、病院・総合病院では中・高度の医療技術を必要とする内科系疾患を見る場合がほとんどです。

 

高血圧症や生活習慣病で来院する患者が圧倒的に多く、専門的な医療技術を必要とする疾患を抱えた患者を各臓器別内科に振り分ける等の仕事もあります。

 

医師としての一般内科は求人募集も多いため、より自分の希望に合ったキャリアアップを図る事が出来やすい科目です。

 

消化器内科

消化器内科は一般内科に次ぐほど求人募集の数が多く、人気の科目です。

 

消化器の専門外来のある医療機関や慢性期病院、診療所、健診や人間ドッグの施設など、あらゆる施設からニーズがある科目ですが、上部・下部内視鏡の出来る医師がいずれも求められています。

 

循環器内科

厚生労働省の『必要医師数実態調査』にある求人数では最も多いデータとなったのがこの循環器内科で、募集施設も診療所や専門病院、総合病院と幅広さがあります。

 

また、製薬会社から安全性評価や臨床開発に携える医師の募集もあり、高齢化社会のニーズとして心臓カテーテル検査などの知識を持った総合的な循環器内科医が求められる傾向が強くなっているようです。

 

呼吸器内科

主に総合病院での求人が多く、指導医、専門医、後期研修医まで募集しており、地域にある一般の病院では10年以上の経験を持つ医師が求められる傾向にあります。

 

療養型の病院や在宅医療では呼吸器管理を必要とする患者も多くいるため、高齢化社会である事も伴って今、ニーズが増えている科目です。

 

また、急性期病院においては診療科の集約が進んでいるため、呼吸器内科のニーズは限定的となっており、その一方で製薬会社からがん治療に携わる腫瘍内科医としてのニーズも出ています。

 

血液内科

内科系で最も少ない現役医師数であるのが血液内科ですが、必要とされる医師の数を下回っているため、300床以上の病院やがん拠点病院など、大都市圏の常勤医師としての求人が多く見られます。

 

専門性を重視する者と一般内科を兼務する者の二通りのニーズが血液内科にはあり、転職する際にはどちらのスタンスであるのかを病院側に明確に説明する必要があります。
他の内科と比べると選択出来る医療施設は限られてきますが、キャリアアップで活躍する医師の多い科目でもあります。

 

心療内科

病院や診療所、わずかに産業医としての募集もありますが、心療内科を標榜する医療機関自体が少ないため、求人も少なく、大都市圏でなければない場合が多いです。
ただ他の科目と違い、非常勤(アルバイト)としてのニーズは高いため、勤務時間に融通がつけやすい、自由な時間が取れやすいなど、他にはないメリットがあります。

 

神経内科

神経内科医は主に大都市圏を中心に、脳神経外科系病院やリハビリテーション病院から全国的に求人があります。
特に専門分野としてパーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症ケア、神経リハビリテーション、てんかん、失語症などに精通していると転職には有利となります。

 

高齢患者の増加に伴い、リハビリテーションや在宅医療などの分野の求人も増えているため、脳外科系や一般病院の急性期病院への転職を希望する場合は頭痛外来や不定愁訴外来などが開ける知識を持っていると有利です。

 

内分泌内科

領域内の糖尿病の疾患患者は増加傾向にあるため、内分泌内科医のニーズが特に高まっています。

 

全国的に求人があり、急性期から慢性期まで、施設の幅も様々選ぶ事が出来ます。
急性期病院では合併症患者のための手術時のコンサルタントを担当する事や、慢性期病院では専門外来や教育入院を含む病棟の管理を担うなど、それぞれ専門性を生かした仕事が求められます。

 

内分泌内科では特に、糖尿病専門医、内分泌専門医、リウマチ専門医などの各認定資格を所有している場合、転職に有利です。

 

腎臓内科

人工透析を必要とする患者の増加により、全国的なニーズがある科目です。
総合病院から診療所、都市部では人工透析専門のクリニックなど、幅広い施設で募集があります。

 

シャント造設などの外科的スキルを持っていると高い評価につながり、転職に有利となります。

 

老人内科

高齢化社会に伴いニーズの強い診療科で、主に療養型病院や老人保健施設で慢性疾患の診療や認知症など、高齢に伴う病への対応が求められます。

 

老年医学会専門医などの資格を持つ医師の場合は精神科病院での内科の求人にとって高評価を得る傾向にあります。

 

療養型病院は外来のない病棟専従であるため当直もないケースがほとんどであり、第一線から退いた後に無理なく医療活動をする求人先として転職する医師の方も増えています。