病院求人情報 医師の仕事

医師の仕事科目-その他

医師情報

 

看護師情報

 

薬剤師情報

 

リハビリテーション科

リハビリテーション病棟の新設は増加傾向にあるため、それに伴って求人も増加しております。
様々な疾患による機能障害を関連診療科と連携しながら管理出来、まとめ役となれる医師が主に求められます。

 

過去にリハビリ病棟での経験が無くても、脳神経外科や整形外科、神経内科などの診療科で経験を積んできた医師は特に有利です。
リハビリテーション科では、原則的に外来診療は少なく、当直の義務もない病院がほとんどとなっています。

 

小児科

小児科での求人は救急対応している国公立・民間の総合病院が主であり、中にはハイリスク分娩を行うスキルを持つ医師が求められるなど、ハイレベルな求人もあります。

 

産婦人科

産婦人科は国公立の総合病院から民間の専門病院・施設等の求人があり、特に都市部においては手術の対応が可能な常勤医のニーズがあります。

 

また、分娩などでは女性医師を望む患者が多いため、女性医師にとっては有利な科目です。

 

婦人科

不妊治療や外科的治療など、分娩を取り扱うことのない婦人科目のニーズは少ない方であり、例え求人が出てもすぐに埋まってしまう事がしばしばです。
健診施設では非常勤でのバイト募集がほとんどであり、常勤を希望する場合は、分娩も取り扱う病院で産科もセットに診療出来るスキルや、不妊治療や更年期障害の専門外来を行うなど、婦人科のみに留まらないスキルがあると有利です。

 

精神科

精神科は全国的にニーズが高く、特に精神科病院やメンタルクリニックなどからの求人募集が多く、指定医の資格を持つと転職に有利になります。

 

眼科

眼科の専門病院は少ない上人気も高いため、競争率が高いという特徴のある科目で、専門医を取得していない場合は就職が厳しいという面があります。
専門医の資格や手術症例をいくつか経験する事で、眼科専門病院だけでなく各医療施設からの求人の幅が広がります。

 

耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科はそれを標榜している病院などが少なく、総合病院であっても求人数が1名のみの場合もあるなど、求人に関しては横ばいという所。
診療所の場合は外来診療が主な業務となり、総合病院などの設備が整った施設では手術を伴う技術が必要になるなど、医療機関によって求められるニーズも変わってきます。

 

皮膚科

皮膚科は人気の診療科ですが、その人気さに比べて求人数は多くありません。
主な就職先としては一般病院と美容皮膚科の二つがあります。
一般病院では主にアトピー性皮膚炎を筆頭に各皮膚疾患の治療が主体となっており、美容皮膚科ではケミカルピーリングや各種レーザーの仕様、小手術などの各専門知識と技術、そしてカウンセリング能力等も求められる場合があります。

 

泌尿器科

泌尿器科では総合病院から診療所まで幅広いニーズがあり、特に透析管理やシャトン手術の技術を習得した医師には高い給与を望む事が可能です。

 

しかし、純粋に泌尿器科の診療を行なっている所というのはわずかに留まっています。

 

放射線科

放射線治療や読影、画像診断などのスキルが求められ、今後ニーズの高まる可能性のある科目ですが、放射線科を標榜する施設自体は少ないため、全体的に求人数は多くありません。
また、現在寄せられる求人の多くは読影、画像診断の出来る医師を求めている場合が多いです。

 

CTやMRI、PETなどの読影、画像診断の技術が求められ、特に読影専門医は中規模以上の急性期病院で求められるケースが多く、画像診断管理加算の算定に貢献できる医師は有利となります。

 

人工透析

人工透析のニーズは高く、特にシャント手術や血管疾患に対応できると有利となります。

 

総合病院から診療所まで幅広い求人があり、人工透析専門クリニックの場合は全国的に常時求人を募集しているケースがほとんどです。
人工透析の場合は認定医の資格よりも経験が重視される場合もあるため、例え資格を持っていなくても経験があれば充分転職出来る可能性があります。

 

麻酔科

麻酔科では公的病院での常勤医の求人が多く、手術麻酔や術前術後の管理、オンコール担当を希望する所がほとんどです。
手術麻酔だけでなくICU管理などの救急医療や緩和ケア領域でのペインクリニックを求められる場合もあります。

 

また、求人では主に一定以上の経験者の募集が多いです。

 

救急救命科

一般外科や脳神経科、整形外科等の外科系の経験者から、麻酔科や産婦人科出身者のニーズが高まっています。
若手医師の求人が多いのも救急救命科の特徴で、主に募集している施設は救急救命センターや2次救急・3次救急の指定病院。

 

救命救急医のいない地方の総合病院などから特に求められています。

 

総合診療科

総合診療科では自分で受診すべき診療科が分からないという方の初診をするという役割で、医療機関によっては健康相談や緩和ケア、在宅診療なども請け負う場合があります。
募集数自体は多くありませんが、かかりつけ患者の多い中小規模の病院などからのニーズが高まっています。

 

緩和ケア科

緩和ケア科は病床数の多い大規模な病院にニーズがあり、がん末期の患者のペインコントロールの技術などが求められます。

 

また、緩和ケア専門医の資格を持っていると転職に有利になります。
しかし緩和ケア科を持つ病院は少なく、定員も1名までという所がほとんどのため、求人数は少ないです。
がん患者が増え続ける中で緩和ケア専門の病棟の立ち上げを予定している医療機関などもありますので、そういった病院の募集動向はチェックが必要です。

 

美容外科・美容皮膚科

美容外科や美容皮膚科は医師の腕がそのまま勤務条件や給与などに現れ、美容という性質上景気に左右されやすいのが特徴です。

 

近年では自身が持つスキルや経験だけでなくコミュニケーション能力も評価の一つとなっており、転職で有利になるのは形成外科や皮膚科、一般外科出身の医師です。

 

人間ドック・健診

人間ドッグ・健診では一般病院や診療所などの医療機関から企業健診の請負をする予防医学センターなどからの募集が主となります。

 

健診専任医師は予防医学に力を入れる病院から求められやすく、全国規模で求人がありますが、求人数自体は多くありません。
人間ドック・健診で求められるスキルは問診・聴打診だけでなく読影や上部・下部内視鏡、乳がんや子宮がん検査などの専門的なスキルと知識です。

 

特に現在非常にニーズが高まっているのは消化器内科や乳腺外科出身の女性医師で、転職に有利となります。

 

産業医

産業医は企業内での医師として働くため、待遇は年収1000〜1200万程の企業の一社員という形になります。
求人は主に大都市圏に集中しており、産業医を求める企業は不況のあおりで減っているため、転職を希望する方にとっては狭き門となっております。

 

勤務内容では、検診後のカルテ分析から労働衛生管理計画の作成、社員が体調を崩した際の応急処理、社員のメンタルヘルスなど、医療機関が求める事とは別の能力が必要になります。

 

老健(介護老人保健施設)

介護老人保健施設では要介護状態となった方の在宅復帰を目的としたリハビリテーション中心の総合的医療サービスの提供をします。

 

高齢化社会に備え、老健施設を併設する病院や医療機関は増加傾向にあり、常勤医師の求人ニーズは高まっています。
病状が安定期に入った入所者への定期的な回診などの健康管理業務から施設長業務を担うなど、比較的中堅・ベテランの医師が求められます。

 

病理診断科

病理診断科は一定の症例が集まる大規模な病院にあるため、現員医師数は2割以上が非常勤というバイトで、募集自体もほとんどなく、定員1名という事が多いため、勤務条件など各待遇は他と比べて厳しい事情があります。