病院求人情報 医師外科

医師の仕事科目-外科

医師情報

 

看護師情報

 

薬剤師情報

 

一般外科

一般外科は病院や医療機関の規模、標榜する診療科によってそれぞれ求められるニーズが異なり、消化器系や呼吸器系、乳腺系などに特化した病院もあれば、脳や心臓以外の幅広いスキルを求める病院もあります。
外来の初診を任される事もあるため、キャリアアップの機会に恵まれる事が多く、地域の中小病院ではプライマリとして外科的処置にとどまり、手術件数自体は多くない場合もあります。

 

療養型病院などの高齢の入院患者の割合が多い病院においては、胃ろうや尿道カテーテルの交換などを行うための外科医が求められる事もあります。

 

消化器外科

規模の大きな病院においては消化器外科のための機材やスタッフから専念出来る環境が整ってはいますが、求人状況は横ばいとなっております。

 

心臓血管外科

心臓血管外科には高いスキルが求められ、大きな病院の求人はありますが、中小病院などの求人募集は逆に少なく、外科目での求人募集では比較的少ない方となっています。

 

呼吸器外科

病床数が300床以上ある病院においては肺悪性腫瘍の疾患患者に内視鏡を用いる胸腔鏡手術などを行うため、高いスキルが求められます。

 

専門性が高い診療科であり、これを専門とする医師は多くありませんが、呼吸器外科を標榜とする医療機関も少ないため、呼吸器外科医としての求人の募集はさほど多くありません。

 

脳神経外科

脳や脊髄、末梢神経などの疾患に関する外科的治療に限らず、内科的治療やリハビリテーションを含む神経疾患の診療も兼務する脳神経外科医のニーズは現在高まっており、脳血管障害、頭部外傷、脊髄脊椎疾患の画像診断から手術などを行う専門の病院や総合病院では後期研修医から専門医まで、幅広い年齢層での求人があります。

 

リハビリテーション専門病院や人間ドッグの施設などでも求人がありますので、外科目としては比較的求人の多い科目です。

 

整形外科

外科目の中でも最も現役医師が多く、求人数も多いのが整形外科で、、脊椎脊髄や関節の外科手術・外傷・骨折の治療・運動器疾患の保存的治療等様々ですが、手術が行える医師は全国的に求人に有利となります。

 

その一方で、都市部にある病院や診療所においては高齢者の慢性疾患の治療の出来る医師の求人が多くなり、指導医や脊椎脊髄専門医などの求人もあります。

 

形成外科

形成外科医に求められるのは、外傷・外傷性変形、腫瘍・腫瘍手術後変形、表在性先天異常などに対する再生治療のスキルですが、これらは大学病院などの医療施設に集約されているため、求人は横ばいとなっています。

 

形成外科医で求められる仕事は主に美容形成外科や皮膚科の兼務です。

 

乳腺外科

近年では乳腺炎の診断から乳がんの予防等の内科系から外科的手術までをとり行う専門の診療科を確立している病院や医療機関が増加しており、大都市においては乳腺外科の求人ニーズが高まってきております。

 

特にマンモグラフィーの読影認定医の資格保持者のニーズは高くなっており、乳腺外科では女性医師が有利となります。
また、健診や人間ドッグなどの施設からでも需要があるため、第一線から退いた医師の方でも活躍が期待出来ます。